”ミラクルロード準拠解説授業プレミアム版”のご案内

塾経営を完全にナメていた東大卒20代の若造が、
倒産寸前の状態から“あるモノ”を開発したおかげで
“労働時間を半分以下”にしながら
“自動で生徒数を増やす”ことができた秘密

 

:真剣に塾経営に取り組まれている塾長先生へ

こんにちは、
自立進学塾Makeage塾長の山田和樹と申します。

yamada01

進学塾Makeage 塾長 山田和樹

もし、あなたが

  • 今やっている教務に限界を感じている
  • アピールするべき“自塾の圧倒的なウリ”が無い
  • チラシの反応率があまり良くない
  • 今の労働をいつまで続けるのか考えると頭が痛い
  • いつになったら人気塾になるのかイメージができない
  • 人件費を半分以下に減らしたい
  • 労働時間を半分以下に減らしたい
  • 体験授業で100%入塾を取る方法があるなら、知りたい

上記に当てはまることが一つでもあれば、
5分だけお時間をください。

今から、あなたに

私のように塾経営に絶望していた人間が、
“あるモノ”を開発し、どうやって這い上がったのか?

そして

☑ 『“あるモノ”を使った自塾の圧倒的なウリの作り方』

   ☑ 『人件費を半分以下にする方法』

   ☑ 『塾長の労働時間を半分以下にする方法』

   ☑ 『100%確実に入塾を取るための体験授業の構成』

といったことをお話しします。

 

東大卒なのに“年収142万2000円”という絶望

私は東大在学中に、個人塾で講師をしていました。

その塾はかなり人気があったようで、
 「塾って儲かるんだなぁ」

 「あの塾長でいいなら、自分が塾をやっても楽勝だろうな」

 「評判ですぐに生徒は集まるのだろうな」

などと思っていたのです。
(この勘違いが失敗の始まりでした…)

 

東大の同期が官僚や一部上場企業に就職する中、
私は意気揚々と、塾を開業しました。

しかし…

塾を始めて11か月後。

東大の同期とは、塾の話を聞かれると恥ずかしいので、
飲み会に誘われても断っていました。

 

なぜなら…
全くと言っていいほど、集客できなかったからです。

恥ずかしいのですが、正直に告白します。
当時の年収は142万2000円でした。月118,500円の収入です。

飲み会に参加すること自体、金銭的にキツイ状況でした。
彼女には食事をおごるどころか、
デートなのに、割り勘でチェーンの牛丼屋に行く始末でした。

 「半年後には、ウハウハだから!もう少し待って!」

と、根拠のない発言に嫌気がさしたのでしょうか。
彼女は私のもとを去っていきました…

 

こんなザマになるとは、夢にも思っていなかったです。

 「東大を卒業すれば、バラ色の人生が待っているんじゃなかったのか?!」
 「なんで東大卒の塾長なのに、生徒がやってこないんだ?」
 「一体、何を、どうしたらいいんだろう…」

 

そんな折、一人、また一人と生徒が辞めていったのです…

遂に生徒数は一桁になり、
“来月にも生徒を増やせないと、継続不可能”
というレベルまで来てしまいました…

 

20万円のチラシ代はパァに…

なんとか売り上げを出さなければ、にっちもさっちもいきません。

とりあえず、

 「このまま何もしないよりはマシ。」

と、20万円分のチラシを打ちました。

その20万円かけて打ったチラシの結果は…たったの1件の問い合わせ。

 

しかも、その問い合わせの内容は
  「おたくはどのような形でやっているんですか?
   …へぇ~、そうですか。ありがとうございました。ガチャッ!」

この時は、さすがに涙が出てきました…

生徒に気づかれたらまずい…
と、必死に涙を押し殺しました。

 

今だから分かるのですが、そのとき私の塾には

アピールできる明確な自塾の強みが何一つない状態だったのです。

全然ダメ。話になりません。

 

自塾の圧倒的なウリ(=“強み”)が無い…
だから、問い合わせも、入塾も、取れるはずがない…

何とかしてやろうと必死に解決策を探しました。
絶対にサラリーマンには戻りたくありませんでした。

そんな危機的状況で出会ったのが、冨永先生、即アップ協会、そして
ミラクルロードなのです。
すぐに資料請求をし、加盟を決めました。

 

しかし、即アップ協会に加盟しても、困ったことが…


成績アップの科学
はご教授いただけました。
“ミラクルロード”という武器を手に入れました。
“自立型学習”という、素晴らしいアイディアもいただきました。

でも…
それを実行するのに必要な“人材”もいなければ、“雇う資金”も無かったのです。

 

しかも…

  • 優秀な講師を確保し続けるのは、大手塾でもない限り困難である
  • 講師不足は塾長である自分の労働でなんとかしのぐ
  • 結果的に、これからもずっと忙しくて不安な日々が続く。

ゆくゆくはこんな状態になってしまうのであれば、
リスクを取り、手痛い人件費を払ってまで人を雇う意味がありません。

 

『映像をフル活用して、“人の力に依らない塾”を作ろう!』

正直、誰でも思いつきそうな安易な発想ですが、
私には、これしかありませんでした。

 

「おっ!ちょうどよいことに、ミラクルロードの映像解説授業が
即アップ協会で提供されているじゃないか!」

ということで、映像授業を早速チェックしたものの…

「あれ?このMR解説授業はうちの生徒に導入授業としてはちょっと使いづらいかも…」

どう考えても、これだけで
教務運営はできそうになかったのです。

おまけに、理科の授業も無い

社会に関しては、
学校の後追いでも問題ないとしても、
理科はそうはいきません。

基礎事項を覚えるにも、しっかりとした理解の必要な科目ですし、
計算問題にはとうてい太刀打ちできません。

これは8年以上の講師経験からも明らかでした。

 

ようーし…

自立学習スタイルでどんどん演習していけるような
“MR専用の授業”を作るしかない

中学校3年間分の英語・数学・理科の授業を、
東大出身として最高品質のクオリティで、
ミラクルロードをベースにして作ろう。

“これさえ見れば、ミラクルロードでの学習がどんどん進む”
そんな授業を作ろう。

幸い、授業には自信がありましたし、
資金も人材もゼロの私にできることは、
これしかありませんでした。

 

まず英語ですが、
文法速習用の3A、7A、11Aを、
文法知識ゼロの中学生が理解できるように講義しました。

 

続いて数学。
知識ゼロ中学生、あるいは小学生の知識も危ういような
生徒でも自立型で演習していけるにはどうすればいいか?

その答えは、
“MRの問題を、数値を変えて解説してあげること”です。

これで、ほとんどの生徒は
MRの演習をどんどん進められるようになります。

 

最後に、理科です。
理科に関しては、まず内容を理解し、
用語の意味のきちんと把握することが欠かせません。

また、理科特有の計算問題は単品で取り上げ、
中学理科で出てくる計算問題パターンをすべて解説しました。
もちろん、MR掲載問題に準拠しています。

 

さて、これら中学校3年間分の授業作成ですが…

“生徒が全くいない、自分一人の空間で授業をする”
これがまず大変でした。

想像してみてください。

対面であれば、
生徒の顔色から理解度も分かりますし、
講師側から質問することで“つまずくポイント”も分かります。

これを映像授業で満足させるには、
そもそも“つまずくポイントを経験値で知っておくこと”
が求められます。

また、自分一人の空間でしゃべるので、
途中で言葉に詰まったり、変な間が空いたりしてしまうのです。

編集しても話の繋がりがおかしくなり、結局は撮影をやり直し、となります。
また、途中で救急車などの音が入れば、やり直し。
くしゃみをしたら、やり直し…

授業作成には膨大な時間がかかりました。
まず、ノートを6時間かけて作り、さらに6時間かけて授業を撮影する。
これで出来上がる授業は、たった2時間程度なのです。

 

中学校3年間分のすべての授業を撮影するのに、
大げさではなく膨大な時間がかかりました…

当然、他の業務もありましたから、1日18時間は働きました。
必死だったから、できたことです。
もう一度やれと言われても、正直キツいです…

ですが、全てをやり終えたとき、
“東大塾長がすべての授業を担当する”という圧倒的USPが完成したのです。

USPとはUnique Selling Propositionの略で、
「お客様に提示する、自社独自のウリ」のことです。

 

そして、冨永先生から学んだDRMスキルでチラシを作成しました。

塾の圧倒的な強みとして打ち出したのは、
“最強の教材ミラクルロード”ד最強の東大塾長の授業”
というコンセプトです。

資金に余裕がなかったので、手配りでポスティングです。

当時まだ大学生だった自分の弟をバイトで雇い、
(バイト代の支払い方法は“焼き肉をおごる”でした…)
毎晩毎晩、手配りのポスティングを行いました。

そして、ポツ、ポツと、問い合わせをいただけるようになりました。
しかし…実はまだ、問題は残っていたのです…

 

“強い教務だけ”では、生徒は増えない?

少しずつですが、
問い合わせのTELをいただけるようにはなりました。
ですが…

確かあれは3人目の問い合わせで起こったことです。
1人目、2人目は入塾していただけました。
しかし、3人目で初めて「入塾は見送ります」となってしまったのです。

「え?興味があって問い合わせをしてきたんじゃないの?」

 

この時、なぜ入塾が取れなかったのかが
今ではハッキリとわかります。

確かに、
問い合わせをいただいた時は、
興味があってTELをしてくれたのです。

問題は、
“自塾の価値が100%きちんと伝えられていなかった”
ということでした。

 

しかし、既存の生徒が通常のカリキュラムを進めている中で、
体験の生徒さんがいきなり入り込むわけです。

余裕がある時だったらいいのですが、
さすがにオペレーション的に限界がきます…

「できれば個別に一人一人きちんと塾の説明をしたい。」
「しっかりと授業を受けてもらいたい。」
「さらに問題演習のフォローもできたら完璧なんだけどなぁ…」

 

そして完成させたのが
映像で構成した、100%入塾獲得システムです。

これは、はっきり言って業界初だと思います。

 

いったいどんなものなのか…
それについては、5月29日に行ったセミナーの内容をご覧ください。

この仕組みが構築できてから、不安な日々から真の意味で解放されました。

なぜなら、
体験授業の問い合わせをいただければ、イコール入塾だからです。
(この仕組みのおかげで、直近1年半で61/61の入塾を獲得しています。)

 

いかがでしたでしょうか?

体験授業の流れを、映像を軸に構成するのです。
すると、毎回同じクオリティで、生徒にきちんと価値を伝えることが出来ます。
こちらがどんなに忙しくても、です。

 

 

で、肝心の成績アップは?

まず、肝心の“成績アップ”ですが、この結果をご覧ください。
makeage_up1

続いて、定期テストの結果です。
makeage_up2

上記の結果ですが、私は一切、現場で教えていません。

生徒が増えてからは、中学生を担当させる人材を採用しました。
そして、すべての教務を彼に遂行してもらっています。

 

また、授業準備はほとんどありません。

ですから、
生徒・保護者とのコミュニケーション(面談など)
にしっかり時間を取ることができます。

“退塾率を極限まで低くして、経営を安定させるため”です。

しかも、このコミュニケーションの部分もその人材に任せているため、
私は中学部の運営にほとんど時間を取られていません。

月に一度、2~3時間を取ってカリキュラムの調整会議をするだけです。

休みに関していえば、週に何日でも自由に取れます。

これもすべては映像のおかげです。
あのとき、膨大な労力をかけて作った甲斐がありました。

 

冨永賢宏、ビビる!

その後、冨永先生と直接お会いする機会があり、
私の構築した映像システムの話しをしました。

その時言われた言葉です。
冨永先生:これ全部一人で作ったの?
     あり得んなぁ…
     しかも、この入塾システムってやつは、
     俺が学んできたマーケティング理論に完璧に則っている。」

 

その後、慶応スクールで
実際に使ってみていただくことになりました。

生徒さんからの評判は上々だったようで、
冨永先生:「即アップ協会の加盟塾の皆さんに、絶対に公開した方がいい」
と言われ、
こうして即アップ協会加盟塾の皆さまにお知らせしている次第です。

 

あなたの塾でも、
この映像システムを使いませんか?

映像授業は世にあふれています。
ハッキリ言えば、どれもこれも大差ありません。
それはあなたもご存知だと思います。

しかし…
ミラクルロードに特化した映像授業一式はここでしか手に入りません。

最も難易度の高い“導入授業”のフェーズを解決し、
優秀な講師の存在が必要なくなる代物です。

それは、慶応スクールさん他、全国の加盟塾の皆さんにも
ご使用いただいていることから明らかだと思います。

実際にこの映像システムをお使いいただいている塾長先生

img_ogawa

サクセス未来塾 小川先生

MR解説授業は、生徒の評判がすごく良い。
「分かりやすい」の声は必ずもらえる。
さらには、MRへの接続が明確であるから、
生徒も学習しやすいようである。

しかも、こちらとしては講師の力量に依存しなくて済むから、重宝する。

オリエンテーション動画の方は、
セミナーでも伺ったが、よく練られている。
このレベルのマーケティングを組み込むのは、自作ではとてもできない。
やはり導入してよかった。

 

img_miyazaki

慶応スクール須屋校 教室長 宮崎泰晶先生

・先生からの声
今回、山田先生の解説授業を導入するきっかけとなったのは理科です。今まで理科の映像授業がなかったため、自力で予習できる生徒以外は学校の後追いで取り組ませていました。

そうなるとどうしても定期テストに間に合わなくなり、自立型ですが一斉授業を行うことも。授業で手を取られるうえに、今度はその日に欠席した生徒への対応に追われる日々でした。しかし映像授業のおかげで予習はもちろん、欠席した生徒も別の日に受けさせることができています。特に苦手な生徒には、講師の手を取られることなく、何度も繰り返し見せることができるので大変助かっています。

生徒からの評判も良く、
 「図を描いて説明してくれているので解りやすい。」
 「ミラクルロードの問題と似た問題で解説があるから、見た後にミラクルロードが解けるようになった!」
など、中には
 「宮崎先生いらないじゃん。」
とうれしい(悲しい?)声も出ています。講師の労力が減ったことが一番の財産です。この映像授業はお薦めです。

最後になりましたが、私どもも映像授業を作成した経験がありますので、今回の映像作成に山田先生は大変な労力をかけられたと思います。あれだけたくさんの映像を作成して頂き本当にありがとうございました。十二分に活用させて頂きます。

kansou_miyazaki1
kansou_miyazaki2

 

 

img_takamatsu

慶応スクール楠校 教室長 高松勇司先生

・先生からの声
映像授業の特徴を活かして作成してあるため、利用前に生徒に対するコンセンサスを得ておくことで、学力下位層から上位層まで有効的に活用できています。
また、自立型学習の肝である知識の定着を確認する流れも、『映像授業で自立的に進める⇒
講師の発問によるアウトプットという流れ』をつくりやすく、重宝しています。

・生徒たちからの声
塾だけでなく自宅でも予習を進めたいと思っていたのですごく嬉しいです。わかりやすいのでどんどん進められます。(中2)

・とてもわかりやすいし、ノートにまとめやすいです。(中1)

・最初はわからなかったけど、2回3回と見ていると内容がわかりました。また、ミラクルロードが解きやすくなったと思います。(中3)

kansou_takamatsu

 

 

img_kawakami

慶応スクール杉並台校 教室長 川上圭吾先生

・先生からの声
予習の内容を中心に行わせました。偏差値が40~60程度の生徒たちが取り組みましたが、どの生徒もスムーズに進むことができました。今まで、ミラクルロードを使った先取り学習がネックでしたが、そのことが解決できたので非常によかったです。

・生徒たちからの声
「わかりやすい」
「板書がためになる」
「映像授業だから止めて何度も見ることができる」
「ミラクルロードが解きやすくなった」
「学校の授業がわかりやすくなった」
「数学の一次関数が解けるようになった」

kansou_kawakami

 

img_itou

白熱教室アカデミーソウル 伊藤先生

今までのMRの映像授業に理科がなく、
生徒から「映像授業のある他の教材を使いたい」という声が上がっていたので
ちょうどよかった。

私からみてもわかりやすく、
セミナーで紹介されていたイオンの部分など詳しく説明されていて気に入っている。

オリエンの映像を在籍の生徒に見せたところ、
照れくさいのか、大きな意見はいわなかったが
「やる気が出た」と前向きな意見はでた。

 

江藤塾 梅木先生

江藤塾 梅木先生

なぜ、映像教材を取り入れることにしたのか?

今年4月にミラクルロードの存在を知り、同月24日のセミナーに参加させていただきました。既にミラクルロード時代はサンプルを拝見していましたが、生徒に撮ってやるべきことが明確になっていて、さらに、取り組みやすい工夫や仕掛けが随所になされている教材だと感じていました。ただ、未習分野や苦手な分野の問題をいきなり解くのは難しく、ミラクルロードに接続した指導書や映像教材があればいいとも正直なところ思いました。そのような折、ちょうどタイミングよく先述のセミナーにてMakeageで作成されている映像教材の案内があり、申し込みをさせていただきました。

生徒の評判や感想は?

実際に使ってみると生徒は映像教材をとても熱心に見ていました
感想を聞いてみると、「説明がとても分かりやすい」という声が多かったです。また、良い意味で堅苦しくなく、目の前で授業が展開されているような身近さや臨場感が味わえる、だから映像に集中できる、といったような感想がありました。
映像自体、ミラクルロードに基づいて作成されているので、生徒にとっては「どの授業を見て、ミラクルロードのどの部分を解けばいいのか?」という接続も分かりやすかったようです。mr_premium_kansou

 

 

さらに、冨永先生と共同開発した、
“明日から使える入塾獲得システム”もご提供します

私が開発した入塾獲得システムですが…
これは秘密にしておきたかった、というのが本音です。

5/29セミナー動画の後半では、
この入塾獲得システムに組込まれたマーケティング理論を
全てお話ししました。
※ 後半で無料視聴の案内をいたします

参加者の方からもご好評いただいたのですが、
一番ビビっていたのは冨永先生だったのです。

冨永先生:「俺が今まで培ってきたマーケティング理論がすべて統合されている…」

『問い合わせが来る』=『生徒が増える』

誇張表現に聞こえてしまうかもしれませんが、
セミナーでもお話している通り、61人中61人の入塾を獲得できています。

しかも、“塾長である私は顔も合わさずに”です。
映像があるおかげです。
仕組みを構築できると、本当に楽になります。

 

私がご提供するものをまとめると…

1.MR解説授業・プレミアム(英語/数学/理科)

MR解説授業・プレミアムの詳細はこちら(pdfファイル)

mr_premium_img

2.冨永先生監修
  『100%入塾獲得用オリエンテーション動画』

mr_premium_img2

“100%入塾獲得システム”では、

「最強学習法オリエンテーション動画」というものを使用します。

実はコレ、冨永先生監修の下、
全国の即アップミラクル協会加盟塾の皆様が
“明日からスグに使える形”にバージョンアップしました。

※この動画はセミナーでも一切公開していなかったものです

“撮影→フィードバック”を10回以上経て、ようやく
冨永先生よりOKをいただきました。

 冨永先生:「よし!この内容なら、全国の塾でそのまま使える!」
と、お墨付きをいただいた内容です。

圧倒的なUSPが即手に入り、
しかも100%入塾獲得システムもついてくるという、
ちょっとあり得ない内容になっています。

 

しかも…

“あり得ない破格”で提供するよう言われました

 冨永先生:「山田先生、これを全国の加盟塾さんに使ってもらいましょう!」

そのお話をいただいたとき、
最低でも年間100万円くらいは頂戴して当然だろうと考えていました。

なぜなら、私が苦労して完成させた、
“生徒を集め、塾として責任を果たすための秘密兵器”なのです。

これによって教務が大幅に改善されます。

しかも、明日からスグ使える
100%入塾獲得システムのお膳立てもあります。
私自身はこの仕組みによって、
“中学部からの収益だけ”で、働かなくても年間数百万以上は稼ぎがあります。

生徒数は増え続けていますし、
まだ教室のキャパシティはあるので、
今年は労働ゼロでも1000万円以上の利益を見込んでいます。
(これに追加して、当塾では高校部もあります。)

 

一方で、フランチャイズに加盟している場合の
ロイヤリティを考えてみてください。

年間100万円は軽くかかります。
しかも、儲かったらその分、
ロイヤリティの金額は増大していくのです。

さらに、

  • ネームバリューだけでは生徒は集まらない
  • 成績アップの方法は確立されていない

という有様です。
(冨永先生のセミナーに来る方の半数以上はFC塾の経営者の方だそうです…)

圧倒的なUSPが無いため、生徒が集まらないのは“当たり前”なのですが…

そんなFC本部に100万円、200万円、
経営がうまくいくと数百万円のロイヤリティを支払うわけです。

極めてバカバカしい話だと思います。
以上の観点も持った上で、判断してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
MR解説授業プレミアム(英語、数学、理科)
冨永先生監修『“100%入塾獲得用”最強学習法オリエンテーション動画』
を、月3万円でご提供することになりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年間36万円です。
たった一人の生徒が入塾すれば、ペイできてしまう価格です。

月3万円という価格は、1日当たりでは986円です。
1日1000円以下という破格で、

  • 圧倒的なUSP
  • 無限に働く東大卒講師
  • 効果実証済みの100%入塾獲得システム

が手に入るといっても過言ではないのです。

繰り返しますが、私はこの映像システムにより、
労働時間ほぼゼロで最低でも年間数百万円の利益を得ています。
(もちろん、人件費と家賃を引いた後の“自分の取り分”の額です。)

それを考えると、
ちょっとあり得ない価格だと思います…

 

一切のリスクなし。まずは無料で試して下さい

あり得ない低価格なのはご理解いただけると思います。

ただ、そうは言っても、
 「果たしてウチの塾でちゃんと機能するのだろうか…?」
と、思われたかもしれません。

そこで、
効果をきちんと実感していただくため、
特別に“無料お試し”を設けました。

しかも、単なる“無料お試し”ではありません。

“無料お試し”に更に強力な3つの特典を追加しました。

特典1.映像システムを使った成績アップの具体的方法
映像システムを使った、当塾の成績アップ方法論を全てお話しします。

mr_premium_tokuten1

当塾の中3生は、平均で偏差値6~7アップします。

また、“250点(中1)→400点(中3)”などの
大幅な成績アップ事例は一人や二人ではありません。

このような『成績が大幅アップした事例』を作れると、
“チラシの反応率はより高まり、集客はどんどんラクに”なります。

 

特典2.『映像システムによるコース設計術』
   ~夏の人材不足を解消しながら、夏期集客のネタ作り!~
   

今年の夏期講習、人手は十分でしょうか?

もし不安があれば、当塾の映像システムを使ってください。
映像授業をうまく使うことで、人材不足は解決できます。

mr_premium_tokuten2

さらに、それだけではありません。
“東大の先生が教えてくれる”というのは、集客に効果バツグン”なのです。

一気に生徒を獲得した“コース設計術”をお伝えします。

 

特典3.100%入塾獲得システムに隠されたマーケティング術

“100%入塾獲得システムとは、一体どのような仕組みになっているのか?”

実は、この入塾獲得システムには
『影響力の6つの武器』と『神話の法則』
が組み込まれています。

その詳細ついてお話ししたのが、
5/29に行ったセミナーの後半部分です。

mr_premium_tokuten3

無料お試しをお申込みの方には、
“入塾獲得システムがどれだけ綿密に設計されたものなのか”、
その全貌をあなたにも公開します。

セミナーにご参加いただいた塾長先生からは、
「ここまで考えて体験授業を設計しているのか!」
と、
お褒めの言葉をいただいた内容です。

※上記の3つの特典 は、
下記無料お試しお申し込み後、すぐに視聴することができます。

 

無料お試しのお申込み方法・お申込み期限について

この無料お試しですが、以下のようにさせていただきます。
(※お試しは1塾1回までです)

お申込み日から当月の末日まで。
(※お申込み日が16日以降の場合は翌月末日まで)

※無料お試しの翌月以降は正規料金を、冨永教育経営研究所より請求いたします。
※本使用が不要な方は、無料お試し期間中に解約のお申し出をなさって下さい。
※正規料金は、月32,400円/1教場(税込)、2教場目以降は月21,600円となります。

お申込み方法はカンタンです。

以下のフォームに、
1. 「貴塾名」
2. 「塾長先生のお名前」
3. 「ご使用されたい教室の住所(複数の場合は全て)」
をご記入いただき、

一番下の“送信”ボタンを押してください。

(株)冨永教育経営研究所から確認のメールが届きます。

その後、2営業日以内に
貴塾専用のIDとパスワードがメールで届きます。

 

“無料お試し”のお申込みフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

貴塾名(必須)

教場のご住所(必須)

電話番号(必須)

ご住所(2教場目をご希望の場合)

ご住所(3教場目をご希望の場合)

ご質問等ございましたらご記入ください。また、4教場以上をご希望の場合はその旨ご記ください。

 

追伸

私事で恐縮ですが、昨年結婚いたしました。
結婚に踏み切れたのは、
塾としての経営が安定し、仕組みができたからです。

自由に休みを取れますので、妻との時間はしっかりと取れます。
ケンカは一度もしたことがありません。
(今のところ、ですが。)

「あなたと結婚して本当に良かった」と言われる度、
誇らしい気持ちになります。

すべては映像システムのおかげです。

ご案内差し上げた映像システムは、ココでしか手に入りません。

ピンと来た方は、今すぐお申し込みください。